剣道は三十歳で始めても、四、五十年は続けられるスポーツですので成人してからも十分に楽しむことができます。

社会人からの剣道

剣道を習うと聞いて、思い浮かぶのは少年剣道だと思います。
そのイメージからか、大人から剣道を始めようと考える方は少ないように思います。

 

各道場、大人の生徒を拒否しているところは無いと思います。
道場の門を叩けば、老若男女問わず誰でも習う事が出来ます。

 

なぜ、大人から剣道を始める人は少ないのでしょうか?

 

まさか、試合で子どもに負けるのが恥ずかしいとか、子ども達と並んで稽古するのが恥ずかしい、というような理由ではないと信じたいですが。
私の周囲に、少ないですが大人から習い始めた方がいらっしゃいます。
私が中学校の頃に、同じ道場に入って来られた成人男性は、今でも剣道を続けておられ、現在六段で地元の道場で師範をしておられます。
そう聞くと、大人から始めても遅くないのが分かっていただけると思います。

 

また、剣道は高齢になっても続けられるスポーツ。
もちろん稽古は厳しいものがあるかもしれません。
しかし、稽古を積むことにより、健康で強靭な身体とメンタルを手に入れる事が出来ると思います。

 

剣道の試合イメージ画像

 

事実、七十歳以上で剣道をされている方も、かなりの数いらっしゃいます。
その年齢でも続けていける強い身体が出来ているからでしょう。
三十歳で始めても、四、五十年は続けられるスポーツです。

 

もちろん年齢とともに体力も衰えてくるので、若い学生達のような激しい動きは出来ないかもしれませんが、速く動ける者が必ずしも強い剣士ではありません。

 

剣の道はそんなに浅い世界ではないのです。
その深さを追求するには、大人の考え方ができる者の方がしっかり味わえ楽しめると思います。

 

若いとどうしても、上辺の勝った負けたの方に興味が行ってしまうので、剣道の本質が見えにくくなります。なので、私は大人の方にこそ剣道をおすすめします。

 

今、どうしようか躊躇っておられる方、勇気を出して最寄りの道場にまずは見学に行ってみて下さい。どの道場でも、師範が丁寧に対応してくださいますよ。