実際に肌で感じている剣道の魅力を語る

剣道の魅力

剣道は奥が深い。

 

よく言われます。
最初の頃は、剣道を知れば知る程、新しい壁、新しい発見があり、行きつく所が無限である事だと思います。

 

剣道を始めて、日常ではあまり使わない筋肉を使い、私もロボットのような動きになりながら先輩の横で素振りしていたものです。

 

自分がどのような振り方をしているのかなど全く気にせず、先輩と同じように綺麗に振れているものと思っていたある時、鏡の前で振らされた時の衝撃は今でも覚えています。

 

そこから先輩の動きを注視し、師範の指導を受け、先輩と同じように振れた時の喜びが、初めて感じた喜びでしょう。

 

そこから打ちこみ、小手打ち胴打ち、連続打ち等、徐々に技のレパートリーが増える。
初めて剣道着を着た喜び、防具をつけれた喜び、面をかぶれた喜び……。
今思うと、その一つ一つのステップアップが楽しかったのを思い出します。

 

初めて試合形式での稽古、試合の手順で頭がいっぱいになり、どのような試合ぶりだったのか全く覚えてないのですが、手と足がバラバラで技も無く、ひたすら面だけを打っていたに違いありません。

 

初めての試合、初めての勝利、初めての敗北、初めてのレギュラー、初めての大将、初めての遠征、初めてのライバル……。
色々な初めてを経験し、ひと山超える毎にそれぞれの喜びを感じて来ました。

 

得意な攻撃が全く通じなかった事、凄く強い先輩の豊富な技とキレを見せつけられた事、
互角の相手との気力の延長戦でスタミナも大事と感じた事……。

 

そのステージ毎に降りかかる課題に立ち向かうのが、苦しい中にも克服した時の達成感が喜びに変わる。しかし、今となってはそのような課題はありません。大学時代以降、新しく味わう別の刺激があります。

 

稽古の内容も、基本より実戦に重点が置かれるようになり、試合のような緊張感の中で勝負する稽古が多くなります。

 

同じ相手との勝負でも、毎回違った攻めの攻防がなされ、その駆け引きの緊張感がたまらない刺激になります。

 

そのせめぎ合いが楽しく、打った打たれたよりも、(構えを)崩せた崩されたという勝負に底知れぬ深さを感じます。
相手の心を読み、どの攻め、どの技を考えているのか。こちらの心をこうよんでるのでは無いか。

 

ここでこの動きを見せればこう動いて来るのでは無いか、その時にこう打とう。
そう考え動くと違う反応が返ってきて、逆に誘われていて打たれたり。

 

このような心理戦をやり出せば、一戦毎の疲労度は激しいが、凄く充実した清々しさを感じ、もう一度勝負したくなる。
この感覚を経験した人は、もう剣道に取り憑かれてしまっている事でしょう。