日本人の剣道離れ

日本人の剣道離れ

映画「ラストサムライ(The Last Samurai)」で描かれた「武士道の精神」は、
世界中に大きな感動を与え、剣道という競技が注目されるようになりました。

 

その影響か、世界中での剣道の競技人口は増加傾向にあります。
しかし、日本国内では柔道や相撲といった他の国技と同様に剣道離れが進んでおり
年々競技人口は減少傾向です。

 

日本中で競技人口を増加させているサッカーのように、大きな会場で行われる訳でも無ければ、
賑やかな応援で盛り上がる訳でもありません。

 

日本の国技は、共通して「武士道の精神」に基づき、感情を表現することを禁じています。

 

柔道は近代化・欧米化が進み、オリンピック中継で一本を取ったその場で、
ガッツポーズで雄叫びをあげている選手の姿が見られます。

 

かたや相撲では、勝利後ガッツポーズをとった横綱がバッシングを浴び、
厳重注意がなされたのも記憶に新しいものです。

 

剣道は、さらに厳しく武士道を重んじており、
ガッツポーズをするとポイントを取り消され再度試合が行われる事となります。

 

感情の表現を禁止しているのには訳があります。
試合とは、日々の稽古で身に付けた技術の発表の場であります。
その試合を通して、勝者敗者共に得るものは多い。
自分自身の課題を教えてくれた対戦相手に敬意を払っているのです。

 

そこで見つけた課題克服にお互いが切磋琢磨を繰り返し、技術は磨かれるのです。
戦った相手は倒すべき相手ではなく、自分の技術を高めてくれる良きライバルという事です。
なので敬意を払った対応を求められるのであります。

 

また、勝敗の判り難さも、応援する上で盛り上がりに欠ける要因のひとつと言えます。
他の競技は勝敗が一目瞭然であります。
同じ国技でも相撲や柔道は投げ飛ばされたり、押し出されたりと素人が見ても勝敗が判り易い。

 

しかし剣道の場合、太刀の動きが速すぎて、素人目にはどれも相討ちに見えてしまうという・・・

 

ところが同じように動きが速い他のスポーツも存在しています。
フェンシングです。
しかし、フェンシングはセンサーでどちらが先に当たったのか判るようになっており、
こちらも観客に判り易くなっています。

 

さらに、剣道は速さだけで勝敗が決まらない事もあるのです。
いくら先に打突していても体位が死に体(しにたい)になっていては一本にはならないのです。

 

また、竹刀のどの部分での打突かも判断基準になるため、速く相手を打ったからといって、
必ずしも勝ちでは無いのです。

 

しっかり剣先に気迫のこもった、充実した体位での打突でないと一本にはならないのです。
なので、ショースポーツのような戦いと剣道の試合とは、全く別物と捉える必要があります。
選手の表情すら伺う事が難しい競技なのだから…

 

このように、厳しく、地味で、判りにくく、盛り上がりが無いように感じてしまう剣道から
現代の日本人はどんどん離れて行くのでしょう。

 

しかし、これら国技の教えの中には、忘れてはならない物も含まれているように思います。

 

派手な欧米文化を好む現代的日本人は、日本に昔から伝わる
詫び寂びの美学
というものを失いつつあるのは確かでしょう。