たくさん出稽古に行くことで自信がつき、試合の緊張感を和らげられるようになります。

試合に勝つメンタル

このテーマはかなり難しい難問です。
緊張感やプレッシャーをコントロールすることは難しく、その時の体調も大きく関わってきます。

 

また私が感じている事ですが、剣道は他のスポーツと絶対的な違いがあります。

 

おそらく、点数などを競うスポーツと、生死を掛けた戦いが起源のスポーツの違いだと思います。

 

点数を競うスポーツは、選手の調子の良し悪しで試合途中に交代させる事ができます。
また、試合がある程度で区切られ、長時間に及ぶので、調子が悪くても尻上がりに立て直すという事が可能です。

 

しかし、剣道は最初に調子が悪いと、秒殺されて終わってしまいます。
また、試合時間やセット、回、ピリオドなどで区切られていません。
今回やられても、次に取り返すなんて事が出来ないスポーツです。

 

ボクシングなどの格闘技もその辺りでは同じだと思いますが、ボクシングなどは最初の調子が悪く、完璧なパンチを貰っても、打たれ強い選手はダウンせずに粘る事が出来、反撃も可能かと思いますが、剣道では完璧に打たれれば終わりです。

 

昔の実戦では、真剣での殺し合いだったからでしょう。
一度切られて死んでしまった者に、反撃のチャンスなど皆無という事です。

 

なので、剣道では、試合前にしっかり準備をして、開始の合図の時にはMAXのテンションになっていなければいけないという事です。

 

そのテンションが高すぎても空回りしてアウト。
低くても相手の動きに反応出来ずアウトになってしまうのです。
開始の時に絶妙の緊張感を作り上げておかなければなりません。

 

残念ながら普段の稽古では身につかない事かもしれません。
稽古での真剣勝負と試合での勝負とは全く雰囲気が違い、張り詰める空気感が全く違います。
その異質な環境で、本来の実力を発揮するには、その環境に慣れるしかありません。
試合経験の数を増やす事によって、緊張感をコントロールできるようになります。

 

しかし、レギュラー争い真っ只中の選手は、少ない試合で結果を残さなければいけません。
慣れるほどのチャンスは貰えないでしょう。
稽古で試合の緊張感を多少でも抑える方法を書いておきます。

 

たくさん出稽古に行ってください。
できれば、警察の道場やトップ選手の在籍する道場などに。

 

今まで経験の無い、異質な空間での見知らぬ厳しい相手との真剣勝負は、精神的に相当の自信を与えます。その自信が、少し試合の緊張感を和らげ、平常心に近付けてくれるでしょう。