剣道は精神力・集中力が鍛えられると言われています

剣道で精神力を鍛える

剣道では精神力が鍛えられ、集中力が上がるとよく言われています。

 

それが事実かどうかは、分かりません。
個人それぞれの性格も大きく関わりますし、また道場の指導方針にもよります。

 

精神的な強さを教えようとされている道場では、稽古はかなりハードです。
ハードな稽古にも嫌がらずに向かって行く。

 

これはどのスポーツにも言える事かもしれませんが、
その繰り返しの結果、精神力は鍛えられるのだと私は思っています。

 

しかしながら、現在の道場の多くは試合(相手)に勝つ稽古をされている道場が多く、
己に勝つ(克つ)稽古を実践されている道場は残念ながら少ないように感じます。

 

それは、近年の剣道が武道ではなく、勝ち負け優先のスポーツになって来ているからだと考えています。

 

私の身近にも、スピードや瞬発力重視で勝利至上主義の剣風に苦言を呈する師範がいらっしゃいます。俗に言う高校剣道がそれにあたるのですが、高校剣道でもトップレベルの選手は己に克って来た選手が多く、その強い選手の動きだけを真似る選手が多いですが、自分に克つ稽古をおろそかにしている選手がトップになるのは難しいでしょう。

 

剣道の練習は辛いので、苦しい稽古から逃げたくなりもう疲れて動けない振りをして稽古から外れる。または泣き崩れ動かなくなるなどをしていては、己に克つ事などできません。

 

動けないと思う自分に喝を入れ、気力を振り絞り向かって行く。

 

その努力を繰り返して、初めて精神力がつき、普段の生活でも嫌な事から逃げる事の無い、しっかりした人間が育つのだと思います。