下の方への攻撃はリスクを伴う事が多いので、ルール上省かれたと考えられます。

足への攻撃が無い理由

剣道は元々生死をかけた殺し合いです。
足への攻撃が無いなんて事はあり得ないです。
足への攻撃は大変重要で、直接生死には影響しないかもしれませんが、足への攻撃の後、動けなくなった相手を、次の一撃でしとめる事ができます。

 

現代のようにルールの確立したスポーツではなく、殺し合いの手段として用いられていた剣道には、おそらく足への攻撃は存在していたであろうと思います。
今ではあまり聞かなくなりましたが、剣道にも色々な流派があり、それらの中には、確か、今でも足への攻撃が認められている流派があったように思います。

 

スポーツとして確立した剣道で、足への攻撃が無くなった理由には様々な説があります。

 

  • 足への攻撃に執着している姿が見苦しいから
  • 身体の下の方への意識が強いと上への攻撃に対処が遅れるから

など、様々な事が言われています。

 

仮に足への攻撃と頭への攻撃が相討ちになれば、頭を切られた方が死んでしまいます。
なので、足ばかり狙っているのもどうかと思いますが…

 

私個人の見解としては、足ではないが、太ももから膝辺りまで剣先を落とす『下段』の構えは今でも存在します。
しかし、『上段』の構えが防御を捨てて、攻撃を中心に考えた攻撃的な構えであるのと対照的に、『下段』の構えは攻撃より、防御に重きを置いた構えになります。

 

そのスタイルは消極的で、振り下ろすだけで攻撃出来る上段とは違い、下段から攻撃に移るには一度振り上げなければいけません。そのリスクが大きい為下段の選手は見掛けないのでしょう。
足へ攻撃をするなら振り上げないで済むので、速く攻撃出来るのでは?と考えている方もあるかもしれません。

 

振り下ろすイメージ画像

竹刀ではなく刀の構造を思い浮かべて下さい。
刀の刃は立っている為、足への切りつけをするには手首を返す必要があるのと、縦に振るより横振りの方が大きく振らなければ切り落とすだけの力が生まれないのではと考えます。
同じように手首を返して打たなければならない胴打ちの打ち難さから考えれば、剣道経験者なら容易に想像できると思います。

 

これらの事から、下の方への攻撃は上体に対して行う攻撃よりリスクを伴う事が多いので、ルール上省かれてしまったのではと考えます。