剣道で二刀流は有利?

剣道 二刀流について

剣豪、宮本武蔵は二刀流の名手として有名です。

 

二刀流」は現在試合でも認められている形の一つですが、
言っておきます…

 

難しいです。

 

上段の選手にも言える事ですが、必ず強靭な左手が必要です。

 

普段使ってる竹刀を左手一本で連続攻撃が素早く出来る程度の筋力は必要でしょう。

 

基本的に右利きが多いのでそう表現しましたが、左利きの人でも右手の筋力が必要です。
そう、もちろん利き腕以外でも太刀を振り回すからです。

 

構えは二通りあります。
  • 右手に長い太刀を持ち頭上に構える正二刀
  • 左で長い太刀を持ち頭上に構える逆二刀

 

どちらも反対の手に短い太刀(小太刀)をもち中断に構える。

 

上段の構えでは、打った後など両手で鍔迫り合いをし、離れて間合いがとれる状態になって上段に戻すが、二刀流ではそれら全ての動きを片手で行う事が必要になるので腕力は相当な力が必要になります。

 

また、長い太刀を振るのも、両手で打つ時と同レベルのスピードとキレが必要です。
それを片手で行わなければなりません。

 

基本的には応じ技を中心に戦い方を組み立てる気がしますが、上段同様、簡単に頭上に構える太刀を振り下ろしていては、その構えを活かし切れないでしょう。

 

頭上の太刀は上段の太刀と同様、一撃必殺でなければいけないと思います。
ポンポン振り回してくる上段に、全く威圧感が無いように…

 

しかも、小太刀での打突はポイントにならない事が多いので、小太刀はほぼ防御で使うようになります。なのでほぼ片手で戦っているような感じになります。
これはかなり不利です。

 

たしか全日本選手権に出場した選手に二刀流の選手が居たことがあります。
そのレベルの方はおそらく、二刀流を使いこなせているんだと思いますが、
地元の試合で、一度二刀流の選手を見掛けたのですが、それは全く二刀流を活かせて無かった印象があります。

 

やはり使いこなすには相当の稽古が必要だと思います。

 

上段の選手が日本一になった時も、凄く話題になりました。
二刀流の選手が日本一になると、とんでもない騒ぎになる事間違いなしです。
恐らく民報のニュースでも報道されることでしょう。