剣道の応用技について

払い技

基本の動きが一通りできるようになったら次は応用技です。
応用技はたくさんありますがこれから紹介する基本的な応用技ができればあとはそれを組み合わせていくだけです。

 

払い面

相手の竹刀を表から払って面を打つ技です。
相手の竹刀を払うときは手だけで払うのではなく少し前に出ながら払います。

 

払い小手

相手の竹刀を裏からすり上げながら小手を打つ技です。
本当の名称はすり上げ小手ですが払い小手といったら普通は裏からすり上げます。

 

払い胴

払い胴は払い面・払い小手とは少し異なります。
まずは相手の竹刀を表から払います。
そして相手が面を警戒して面をよける動作をして胴が空いたところを打つという技です。
つまり払って面をするふりをして面ではなく胴を打つということです。

 

その他の払い技

払い胴のように払うことでフェイントになり相手がよけたところを打つという使い方があります。
たとえば払い面にみせかけて面ではなく小手を打つ。
払い小手にみせかけて小手ではなく面を打つ。などです。

 

このように組み合わせていくと技のバリエーションが増えます。
また下がり技の場合も同じで払って下がり面・払って下がり小手・下がって下がり胴があります。

 

出ばな、面抜き、面返し

出ばな小手

出ばな小手とは相手が面を打とうとして小手が少しあいたところを打つという技です。
試合で一番よく使われる応用技だと思います。
また出ばな小手を打つことで1本にならなくても相手に面を打つことへの恐怖感を与えることができます。

 

出ばな面

出ばな面とは相手が面を打とうとしたところをこちらが先に面を打つことです。
相手が先に動くのでスピードで負けてしまうのではないかと思われがちですが、相手が打ってくるということは自分のほうに近づいてくるということです。
すると自分はあまり踏み込まずに面を打つことができます。
これを利用して打つのが出ばな面です。
出ばな小手に比べて難易度が高いですが使えると試合で勝ちやすくなります。

 

面抜き胴

面抜き胴とは相手が面を打ってくるところを体で右によけて胴を打つことです。
よく時代劇で相手が正面から切ってきたところをお腹を切るような光景に似ています。
あくまで体でよけるので竹刀でよけてはいけません。

 

面返し胴

面返し胴とは相手が面を打ってくるところを竹刀で受け止めてから胴を打つという技です。
相手が面を打ってくるところを竹刀で受け止めればいいので面抜き胴よりも簡単です。
ただその後に胴を打っても相手に防がれてしまいやすいので1本を決めやすいのは面抜き胴になります。