素振りの基本を身に着けよう

素振りのやり方

素振りは剣道に限らずいろいろなスポーツでやっている基本練習です。

 

素振りが上手いと試合で勝てるかといったらそういうわけでもありませんが、素振りが下手だと試合では絶対に勝てませんし段審査も落ちます。ここでは基本的な素振りについて紹介します。

 

正面素振り

正面素振りは一番ノーマルな素振りです。
竹刀をまっすぐ振り上げるのと同時に右足を前に出し、竹刀をまっすぐ振りおろすのと同時に左足を引きつける。

 

次に竹刀をまっすぐ振り上げるのと同時に左足を後ろに下げ、竹刀をまっすぐ振りおろすのと同時に右足を下げる。
この動作を正面素振りといいます。

 

前に出て1回、後ろに下がって2回、前に出て3回・・・という数え方です。
どの素振りでも同じですが実際に打つときを想定しながら素振りをするようにしてください。

 

 

左右素振り

左右素振りとは正面素振りの、竹刀を左右に振る動作に変えることです。

 

竹刀を左右に振る動作とは竹刀を振り上げて斜め45度になるように振り下ろします。
これを左右それぞれやっていきます。左右素振りは手の返し方の練習になります。

 

この竹刀の振り方が左右面や胴打ちの動きになりますので非常に重要な素振りです。

 

 

上下素振り

正面素振りは竹刀を振り下ろしたときに自分と同じくらいの背の高さの面の位置で止めます。
それに対して上下素振りは竹刀を地面すれすれまで振り下ろします。あとは正面素振りと同じです。

 

 

飛び素振り

飛び素振りとは竹刀を振り下ろすときに踏み込んで前に出る、竹刀を振り上げたときに後ろに踏み込む。という動作です。
飛び素振りの他にも練習場所が地域によって別の言い方があるそうです。

 

飛び素振りは踏み込みのための練習。
と思われがちですが実は違います。

 

足の引きつけのための練習で飛び素振りが行われます。
実際の踏み込みのようにドンと音を立ててはいけません。
これは初心者の人がよく勘違いしていることなので注意してください。

 

飛び素振りは素振りの中で一番つらいので体力づくりのためにやっている人が多いのでこの辺りをチェックしておいてください。

 

 

その他の素振り

  • 正面素振り
  • 左右素振り
  • 上下素振り
  • 飛び素振り

の4つが基本的な素振りです。

 

その他にも足を上下に交差させながら素振りをしたり斜めに動いて素振りをしたりといろいろなバリエーションがありますがそれは指導者によって変わります。

 

しかし4つの基本的な素振りはどこでも必ずやっている素振りなのでまずはこの4つの素振りをしっかりできるようにしてください。

 

 

 

素振りは基本中の基本なのでとても大事です。
特に初心者はまだ知識も経験もないまっ更な状態なので覚えが早いと同時に、間違ったやり方を覚える危険性もはらんでいるわけです。

 

正しい素振りの仕方を覚えたければしっかりとした先生による指導を受けましょう。