剣道の基本技・胴の打ち方・下がり胴

胴の打ち方

面も小手もまっすぐ打ちますが胴の場合は違います。

 

そういう意味では今までよりも少しだけ難易度が上がるかもしれません。
しかし基本をしっかりおさえておけば上手な胴を打つことができます。

 

ここでは正しい胴の打ち方をご紹介します。

 

大きい胴の打ち方

面・小手同様に大きい胴も存在します。
胴は打つ側から見て左の方を打ちます。
打たれる側から見ると右胴です。
つまり左右素振りの左の動作と同じ竹刀の動きをしながら胴を打ちます。

 

足は踏み込む場合とすり足の場合がありますのでどちらもできるようにしましょう。

 

踏み込む場合でもすり足の場合でも右足を斜め右前に出してそれと同時に胴を打ちます。

 

次に左足を歩み足で前に出します。
そして右足を前に出してあとはすり足で前に進みます。

 

これが胴打ちの基本的な打ち方です。

 

 

小さい胴の打ち方

小さい胴の場合は大きい胴よりも出来るだけ小さく打つようにしてください。
面や小手のように必ずしも手首だけで打たなければならないわけではありませんが、できるだけ手首で打つという感覚で打つようにしましょう。

 

コツはアルファベットの「C」を竹刀の先で描くようにしながら打つと上手く打てます。
足は大きい胴と同じです。

 

 

下がり胴

下がり技の中では一番難しい下がり胴。

 

小学校・中学校までなら試合で下がり胴は割と簡単に1本にすることができます。
高校以降ではそれなりに経験のある人が増えてくるので下がり胴で1本にするのは難しくなってきます。

 

しかし下がり胴を高校以降でも確実に1本にする事ができれば試合の勝率はぐんと跳ね上がります。

 

ここでは下がり胴の打ち方についてご紹介します。

 

 

大きい下がり胴

大きい下がり胴は前に出る大きい胴の手の動きと足は踏み込みながら下がるというのが基本的な打ち方です。
打つときに斜め45度で相手が胴を空けていないときの肘の位置を目安に打つときれいな胴を打つことができます。

 

大きい下がり小手と同様大きい下がり胴はあまり使いませんがやれといわれたらできるようにしておきましょう。

 

 

小さい下がり胴

小さい下がり胴は前に出て小さい胴を打つときと同じ打ち方で足は大きい下がり胴と同じ動きです。
前に出て小さい胴を打つときに説明しましたがアルファベットの「C」を竹刀の先で描くようにしながら打つことを意識すると上手く打てます。

 

 

腰を使って打つ

下がり胴の場合は下がり小手と同じように反時計回りに腰をひねりながら打つとスムーズです。