剣道の基本技・小手の打ち方

小手の打ち方

一番1本が決まりやすい技、それが小手です。

 

小手は相手の面・小手・胴・突きの中で自分にとって一番近い位置にあります。

 

一番打ちやすく決まりやすい打突部位です。ここでは小手の打ち方についてご紹介します。

 

 

大きく振りかぶって小手

面と同じように小手にも大きく振りかぶる小手があります。
ただし面ほど大きく振りかぶる必要はありません。

 

小手の場合は振りかぶったときに小手が見えるくらいでいいです。
踏み込んで打った後はすり足で前に進んでください。
面に比べて打ちにくいかもしれませんが踏み込みの幅を調節して上手く打つようにしてください。

 

 

小さい小手

小さい小手は面と同じで手首のみを使った打ち方です。
試合ではほとんどこの打ち方をします。

 

面と違って小手は大きく振りかぶって打つ必要がないので基本練習でも大きい小手はやらずに小さい小手のみをやる場合があります。

 

 

腰を使って小手を打つ

小手を打つときは腰をすこし反時計回りにひねりながら打つと打ちやすくなります。
これは応用ではなく基本です。

 

少し難しいかもしれませんがこれができないと上手く小手が打てませんし手に頼った打ち方になってしまいますのでしっかりと身につけるようにしてください。

 

下がり小手

次にご紹介するのが下がり小手です。

 

下がり小手は1本にするために打つというのもありますが下がり小手を打っておけば相手が簡単に下がり面を打つことができなくなります。

 

そういう意味でも下がり小手は重要な技の一つです。是非参考にしてください。

 

 

大きい下がり小手

大きい下がり小手は前に出て大きく小手を打つときのような打ちで足は踏み込みながら下がるという動作です。
大きい下がり小手はやれといわれたらできる必要はありますが基本的に普段の練習でも試合でも段審査でも使うことはありません。
一応大きい下がり小手もあるということだけ知っておいてください。

 

 

小さい下がり小手

前に出て小さく小手を打つような打ちで足を踏み込みながら下がる動作です。
基本練習でも下がり小手をやりなさいと言われたら大体が小さい下がり小手ですし試合ではもちろん小さい下がり小手です。

 

試合であまり1本になるのを見たことがありません。
その理由はほとんどの人が足をしっかりと使えていないからです。
結構小手が打てる場面は多いので足をしっかり使えるようにしておいてください。

 

 

腰を使う

前に出て打つ小手と同じで反時計回りに腰をひねりながら打つといい小手を打つことができます。